育毛について説明する医師

TVCMや雑誌の広告に出ている育毛剤やシャンプーを試した方はたくさんいらっしゃると思います。

しかし毎日見渡すかぎり、薄毛の人は一向に減らず、自分も含めて髪が増えることを実感できない人は跡を絶ちませんよね。

ということは、世の中には薄毛を食い止めて髪を増やせる確実的な方法は存在しないんでしょうか?

「あるならとっくにハゲは世の中から消えているし、芸能人や著名人だってたくさん薄毛がいるんだから庶民にはなおさら無理でしょ…」とクールな見方をしている人もおられるでしょう。

もしかしたら、今のあなたもそうでしたでしょうか?

そのように思うのは理解できることですが、本当は薄毛の進行をストップさせて髪の毛を回復させる方法はすでに発明されています。

信じがたいことかもしれませんが、このTOPページでは「取り組めばほぼ確実に改善できる方法」を3つ取り上げます。

是が非でも髪の毛を取り戻したいという方は、この中からお好きなものを一つ選んで実行するだけで明るい未来を手に入れることができるはずですよ。

ほぼ確実に発毛可能な対策3選

それではさっそくですが、薄毛に悩む人を救済できる3種の神器についてお伝えしますね。

それは…

  • AGA治療薬
  • ミノキシジル内服薬
  • 自毛植毛

以上の3つです。

これらのどれか、或いは併用して取り組むことで、これまでに想像もできなかったくらいの回復効果を実感する人が続出しているんですね。

その全貌について詳しくお話していきます。

AGA治療薬

AGA治療薬とは、文字どおりAGAを治療してくれるお薬のことです。

AGAとは男性型脱毛症のことで、一般には生え際が後退していく薄毛や頭頂部が薄くなっていく現象のことを指します。

男性のハゲにド真ん中でアプローチしてくれる薬剤がAGA治療薬なんですね。

具体的には、プロペシア・ザガーロという薬品名で販売されていて、一般人は病院で処方してもらうことで手にすることができるものです。

AGAを治療する薬

コンビニやマツモトキヨシなどのドラッグストアでは買えませんので、その点はご注意ください。

プロペシアにはフィナステリド、ザガーロにはデュタステリドとそれぞれ有効成分が配合されていますが、それらには共通した特別な効果作用があります。

それは5aリダクターゼという還元酵素を阻害するという効果です。

なぜこの事と薄毛が関係しているのか、と言いますと、そもそも男性が次第に薄毛になる主な原因は、薄毛を促進させるDHTという活性型ホルモンにあります。

このDHTは体内で生成されると、髪の毛を成長を阻み、最終的には何も生えてこなくさせる嫌な特徴をもっています。

DHTは二つの物質が結合することで産生されるんですが、その二つとは先ほどお伝えした5aリダクターゼという還元酵素とテストステロンとう男性ホルモンです。

鋭い人はすでにピーンと来たかと思いますが、AGA治療薬のプロペシアやザガーロを服用すると、5aリダクターゼを阻害してくれますので、結果DHTの悪玉ホルモンが体内に産生されることがなくなり、次第に髪の毛の成長力が元に戻っていけるんですね。

AGA治療薬の効果作用のイラスト

これまでどの育毛剤やシャンプーを使用しても薄毛が一向に治らなかったのは、それらの製品に5aリダクターゼを阻害させる効果がほとんどなかったからなんです。

一般の育毛剤類は頭皮の血行を良くしたりする効果はあるんですが、そもそも男性型脱毛症の根本要因であるDHTにアプローチできなかったんですね。

もし今のあなたも同じような立場でしたら、AGA治療薬を病院で処方してもらうなら、形成を逆転させることが可能になります。

ミノキシジル内服薬

ミノキシジルという名前をこれまでお聞きになったことがおありでしょうか?

リアップやリグロなど販売されている発毛剤も多いですから、名前はどこかで見聞きしたことがあるかもしれませんね。

ただ、こうした発毛剤にも限界があって頭皮から塗るタイプですとそれほど黒々とした太い髪が生えてくるのは稀です。

細い産毛程度の髪でしたらサラッと生えてくるんですが、しっかりとした太い髪を生やすことはやはり至難の業なわけです。

しかし、ミノキシジルには内服タイプがありまして、それを毎日服用するだけで爆発的に髪の毛が増える可能性が非常に高くなるんですね。

ミノキシジルタブレット (1)

有効成分が体内の血中をいき巡ることで体毛がめちゃくちゃ増えますので、その副作用的な要素で頭髪もめちゃくちゃ生えてきます。

私自身も試したことがありましたが、一度後退したM字ハゲにも髪の毛が生えてきまして、奇跡的な復活を遂げることができたんです。

ただ、注意点としてはミノキシジルの内服薬は日本では表向き売られていないことになっていますので、AGAクリニックに行ってドクターに相談してから処方してもらえるかどうか考えてみられると良いでしょう。

自毛植毛

植毛は以上の2つの対策法とは違い、外科的な手段でハゲを克服する方法になります。

つまり、毛根を含めた髪のユニットを頭皮に穴を開けて埋め込むという治療法です。

本格的な手術になりますので、少しハードルが高いと感じられやすい分野ですが、実は日帰りで可能ですので、一度カウンセリングをお受けになることをご提案します。

植毛のメリットは一度植え付けて発毛したら、あとは生涯ずっと生えつづけてくれるところです。

もともと薄毛にならない後頭部にある毛根を採取して植え付けるので、DHTの影響を受けないようにプログラミングされている部位の毛根はずっと生え続けることが可能なんですね。

植毛の回復症例

ただ、興味はあっても「どうせ料金は高いんでしょ?庶民には無理だよ・・・」というイメージを持っている人もおられるかもしれません。

もし今のあなたもそうでしたら、植毛費用ガイドなどを参考にしながら、一度真剣に検討されてみるのも良いかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここで紹介してきましたAGA治療薬・ミノキシジル内服薬・自毛植毛、このいずれかを採用すればほぼ必ずあなたの髪の悩みは解決に向かうはずです。

AGA治療による回復症例

オススメとしては、先に自毛植毛で薄毛部分を完全に穴埋めをして、それからAGAの治療薬とミノキシジルで既存の髪を守っていくことです。

このようなステップを踏めば、周りの人から見ると薄毛の人とは判断されなくなります。

いずれにしても、一度それぞれ専門医に診てもらうなら、賢明な選択できるようになりますので、まずは一歩を踏み出すように頑張ってくださいね。